People can share their perceptions of things by deciding or knowing their meaning. But also, Thinking will be completed at the same time. I using such recognition as a material for expression rebuild relationships with things by changing the attitude. The works guide us before the thinking is complete, gives you the opportunity to think about things again. And by that, The opportunity will be a chance to re-recognize yourself.

 

We do not forget that works can appreciate us, not just us.

I aim to provide the opportunity that feel the beauty before thinking.

Keiichiro Tanaka  2021

人は意味を決めること或いは知ることによって物や事の認識を共有可能にしているが、同時に思考することも完了されてしまっている状態であると考えている。そのような認識を表現の素材とし態度を変更することで、物や事との関係を再構築する。作品は私たちを思考が完了する前へと導き、物や事を再び思考する機会を与え、そしてそれにより、多くの人を介し認識していた自分自身を再認識する場となる。

 

見せる側であり、見られる側であり、また見ている側でもあるということを繰り返し経験することで、作品を通して鑑賞者と共演し、通り過ぎてしまった美しさを感じたい。

2021年 田中啓一郎