"Squarea" - Group Exhibition & Unit Work

Collaborative work by

Ryo Yamaguchi  &  Keiichiro Tanaka

How much beauty passed by day by day?

We will feel the beauty little by little before thinking.

In the concept of white cube,Artist always is conscious the front side.

when assume is canvas is an object, it has thickness.

We tried to focus change the common sense of painting.

We gave fluorescent color to side of object.

It makes relationship with wall.

This is one piece of beauty which we passed day to day.

「Squarea」 - グループ展 & 共同制作

2017年8月19日(土)-29日(火)  |  アーツ千代田3331, 東京

共同制作

山口涼  /  田中啓一郎

日々の中でどれだけの美しさが通り過ぎただろうか。

​考える前に感じとること、通り過ぎていった美しさを少しずつ拾っていこうとおもう

ホワイトキューブ内において、作家は常に正面に意識を置き、作品を生み出して来た。

キャンバスを物体と捉えた時、例えそれが薄い紙一枚だったとしても、それには厚みがある。

今までの絵画への常識を反転させ、側面に意識を向けてみた。

側面に与えた人口的な光が、壁面と新しい関係性を生み出す。

これが私たちの中で通り過ぎていった美しさの1つである。

square-3 のコピー
square-1 のコピー
square-2 のコピー
square-6 のコピー
美の探求-1_2122

Copyright © 2019 Keiichiro Tanaka. All Right Reserved.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • instagram